トップページ

mbedを使って、簡易的なロジックアナライザを作ろうとしています。

目次

回路図

以下は、イメージの図面案です。
mbedロジアナ回路図.PNG

まだまだだと思うので、動かしながら修正予定のものです。

ハード仕様のイメージ

  • プローブ数 : 8CH
  • キャプチャメモリ : まずは、128kバイトSRAM(10MHz=100nsで13.1ms、1kHz=1msで131s)を搭載。
  • mbedのPWM出力で、バイナリカウンタをカウントさせて、その出力をSRAMのアドレスとするために、25MHz(=40ns=mbedの動作速度100MHzの1/4)程度のSRAMまでには、対応できそう。

ソフト仕様のイメージ

mbed側


NTPも:正確なタイムスタンプを付けたいから。(どうせ最終的にはクラウドベースのアプリにしようとしているから、最初からInternet接続を前提にしてしまおう)

ステップ1:

設定はWebからで、キャプチャ停止時にmicroSD側にデータファイルを作成するつもり。このとき、オープンなPC用ロジアナソフトのフォーマットに対応させれば、波形とか、そのツールサポートするプロトコル解析をしてくれるはずと目論んでいる。

ステップ2

最終的には、mbedで動かすHTTPサーバーでHTML5アプリでロジアナを作りたい。こうすると、スマートホン、タブレットからmbedにブラウザでつなぎにいくと、ロジアナになるはず。

使用部品





parts.jpg

TODOリスト


WISHリスト

ニッパ&ラジオペンチ
ワイヤーストリッパ
ヘルパー
ブレッドボードのジャンパー線セット
基板のエッチングセット

ツール


  • 最終更新:2011-09-08 01:35:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード